「良い汗」をかくには?

汗には「良い汗」と「悪い汗」があることをご存じですか?

「良い汗」は体温調整を効率的に行ってくれますが、「悪い汗」は体に必要なミネラルまで排出してしまうので、夏バテや熱中症の危険性が高まります。


「良い汗」と「悪い汗」はどのように見分けられるのでしょうか?

良い汗はその成分がほとんど水分ですので、サラサラしていて匂いがありません。

一方で、悪い汗は粘度が高く、ベタベタしており、匂いもあります。

このような汗が出ていたら要注意です!!


では、「良い汗」をかくためにはどうすれば良いのでしょうか。

そのためには汗腺を鍛えることが必要です。

具体的な方法をご紹介します。


①半身浴

ぬるめのお湯に10~15分程浸かり、じっくりと汗をかきましょう。

入浴前後の水分補給は忘れずに!

②適度な有酸素運動

オススメはウォーキングや軽めのジョギング。血の巡りが良くなり、汗をかきやすい体づくりができます。

夏は朝早くや夕方の、暑すぎない時間を選んで行うようにしてください。

③腹式呼吸

ゆっくりと息を吐き切り、お腹を膨らませるイメージでゆっくり息を吸います。

入浴中に行うと水圧も加わり、より効率的に行うことができますよ!


そして、汗腺を鍛えるには酵素浴もおすすめ!

内臓から温め、たった15分で大量発汗が可能です。

その量、マラソン2時間分とも言われています。

初めての方は驚かれること間違いなしです!是非試してみてください。



#酵素浴 #酵素風呂 #酵素好き #branroom #温活女子 #眼精疲労緩和 #夏の冷え性 #代謝を上げる #代謝アップ効果 #免疫力アップ #夏の温活 #血流改善 #疲労回復 #睡眠の質をあげる #自然発酵熱 #体質改善したい #自由が丘サロン #ダイエット #自由が丘美容 #自然派 #冷え性解消 #自律神経を整える #大量発汗 #デトックスサロン #米ぬか100パーセント #目黒区サロン #sustainable #sags #Japanesespa


最新記事

すべて表示