top of page

免疫力を高める方法とは?酵素浴など温活についてもご紹介

「最近風邪をひきやすくなった」「一度病気にかかると治るまでに時間がかかる」このような症状が気になるようになった場合、免疫力が低下していることが原因かもしれません。

本記事では、免疫力低下に悩む、主に女性の方向けに、手軽に免疫力を高める方法を解説します。また、免疫力を高める方法として、サウナ、酵素浴などの温活についても詳細をご紹介していきますので、免疫力を上げたい方はぜひ参考にしてください。



手軽に免疫力を高める方法



ここからは、手軽に免疫力を高めるための6つの方法をご紹介していきます。日常生活で気を付けられるものばかりなので、ぜひ意識して生活してみてください。

1. バランスの良い食事を心がける

免疫力アップには、バランスの良い食事を意識する必要があります。免疫力を高めるためには、炭水化物や脂質だけでなく、ビタミンやミネラル、タンパク質、食物繊維をバランス良く摂取しなければなりません。バランスの良い食事をとることで腸内環境が整い腸に集中する免疫機能の維持が可能です。

2. ストレスを上手に発散する

免疫力を高めるには、ストレスを発散することも大切です。ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、免疫細胞の制御に支障が出て、免疫力が低下してしまいます。仕事終わりや休日には、自分の好きなことや趣味に時間をとるなど、上手に休息をとり、ストレス解消につとめましょう。

3. 腸内環境を整える

ウイルスが侵入しやすいとされる腸には、多くの免疫機能が存在しています。腸内環境を整えることにより、腸の活動性が高まり、体内の免疫機能が正常に働くようになります。

腸内環境を整えるには、バランスの良い食事や適度な運動、規則正しい生活を意識するようにしましょう。乳酸菌やビフィズス菌の入った食べ物や飲み物、サプリメントなどを摂取するのもおすすめです。

4. 睡眠をしっかりとる

睡眠不足による、免疫力の低下は無視できません。睡眠中には、成長ホルモンが分泌されており、免疫力の強化に一役買っています。また、睡眠をしっかりとることで、自律神経のバランスを整えることができます。なるべく夜更かしせずに、起床や就寝の時刻を一定にすると、質の良い睡眠をとることができるのでおすすめです。

5. 適度な運動を行う

適度な運動をすると、血行が促進され、体が温まり免疫力が高まります。また、筋力が上がることで基礎代謝も向上する効果も。免疫力の向上に特に有効とされるのは、ウォーキングや水泳などの有酸素運動です。程よい運動を毎日続けることで、質の良い睡眠の助けにもなります。逆に過度な運動をすると、体への負担が大きくなり、免疫力低下につながってしまう可能性もあるので注意しましょう。

6. 体を冷やさないようにする

免疫力アップには、体を温めることも重要です。体温が下がると、免疫力も低下してしまいます。その理由としては、冷えが自律神経のバランスを崩し、腸内環境も悪化してしまうことが挙げられます。免疫力維持のためにも、体の冷えには注意が必要です。


体を温めて免疫力を高める方法


体を温めて免疫力を高めるためには、以下の3つの方法が挙げられます。

1. 自宅で手軽にできる温活

自宅で簡単にできる温活には、なるべく温かい飲み物や食べ物を口にしたり、腹巻やネックウォーマー、靴下などをしたりする方法があります。また、シャワーで済ませるのではなく、温かいお風呂につかるといったこともおすすめです。

自宅で簡単にできる温活を行う際には、なるべくストレスを溜め込まないよう、できる範囲で規則正しい生活を送り、自律神経の乱れを改善する点も意識していきましょう。

2. サウナ

100度近い高温で体を温めるサウナは、血行を促進し、冷えを改善して新陳代謝アップを促すことで免疫力を高められる方法の一つです。

サウナでは、熱いサウナと冷たい水風呂に交互に入ることにより、交感神経と副交感神経の切り替えを意識的に行うことができます。少しずつ体の機能を整えていくことで、体内の細胞へ酸素や栄養が十分に補給されるようになるので、疲労解消にもぴったりです。

3. 酵素浴

酵素浴とは、米ぬかやおがくずなどが酵素分解する際に発生する熱で体を温める、乾式温浴のことです。酵素浴で発生する熱は高温で、体の中から温まり、長い間体に熱を保つことができるため、体の冷えに有効です。

また、酵素浴で使用する米ぬかには、さまざまな美容成分が含まれているため、美肌効果も期待できます。

免疫力アップには酵素浴がおすすめ


前述した通り、体を温めて免疫力をアップする方法にはさまざまな方法がありますが、中でもおすすめなのが酵素浴です。酵素浴が免疫力向上に適している理由には、次の4つが挙げられます。

1. 高温の熱により体の芯から温まる

酵素浴は、米ぬかやおがくずが発酵するときに出る高温の熱によって、体の芯から温まることができます。普通に湯船に浸かる場合と比較すると、長時間、体の温かさを保てる場合が多いです。体の冷えにも効果的なため、酵素浴の効果で血流が良くなり、内臓機能が向上して基礎代謝のアップも見込めます。また、基礎代謝の向上によってダイエットの効果も得やすくなるでしょう。

2. 多くの汗をかくため老廃物が排出される

酵素浴は、発汗性が高く、短時間入るだけでも非常に多くの汗をかくことが可能です。

また、酵素浴に定期的に入ることで、汗をかきやすくなり、老廃物の排出を促すことが可能です。老廃物を排出すると、基礎体温の上昇や代謝の向上も見込めるようになり、簡単な運動でも痩せやすくなるというメリットもあります。

3. ウイルスに負けない健康な体づくりができる

ここまで説明した通り、酵素浴は温熱効果が高く、多くの汗により血行が良くなるため、基礎体温の上昇にもつながっていきます。基礎体温が上がることで免疫力も向上し、風邪を引きにくくなる健康的な体を作っていくことができます。

4. 酵素によって美肌効果も得やすい

酵素浴では、温浴の際に体にまとった発酵酵素を肌から直接吸収できるため、さまざまな美肌効果を期待できます。特に酵素浴で使用する米ぬかには、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、セラミドなどの美肌成分が豊富に含まれています。米ぬかの成分は分子が小さく脂溶性であることから、肌に美容成分を届けられやすいのです。

また、酵素浴の発汗性により大量の汗をかくため、毛穴につまった汚れもしっかりと流してくれる効果もあります。酵素浴を定期的に行うことで、免疫力が上がるだけでなく美肌にもつながっていくことが魅力の一つです。


酵素浴を利用するには?

ここからは、具体的な酵素浴の利用手順を簡単にご説明します。

  1. しっかりと水分補給を行う

  2. 紙の下着、もしくは裸など、店舗やサロンの指示に応じて肌着を着用する

  3. 10分~20分程度、酵素浴を行う

  4. 体に付着した米ぬかをブラシで落とし、シャワーで洗い流す

  5. 店内に用意されたガウンなどに着替え、水分補給を行う

  6. 着替えやメイクを行う

  7. 帰宅

店舗やサロンによって若干異なる部分もあるかもしれません。詳しくは酵素浴を行う前に確認するようにしてください。


酵素浴を利用する際の注意点

免疫力の向上に効果的な酵素浴ですが、利用する際には、次の2点に注意しましょう。

1. 水分をしっかりととる

酵素浴では大量の汗をかくため、入浴の前後でしっかりと水分補給を行うことが大切です。酵素浴に入浴する15分~30分前までに、十分な水分をとっておくと安心です。水分をきちんととることでも、多くの汗をかきやすくなるので、酵素浴の効果も期待できるでしょう。

2. 衛生管理がされているか確認する

基本的に、酵素風呂の浴槽内は、60度以上となっており、温度が高いため、雑菌は繁殖しにくいとされていますが、ご利用のサロンや店舗では公衆浴場法の営業許可があるか、また、施設の清掃がきちんとされているかをあらかじめ確認した上で利用すると、安心です。不明点がある場合は、Webサイトを確認したり店舗のスタッフに確認したりするのも良いでしょう。

免疫力アップに酵素浴を積極的に活用しよう



免疫力の低下に悩む場合は、まず日常生活からの見直しから行い、冷えを解消していくことがおすすめです。その際は、バランスの良い食事やストレスの発散、適度な運動など、ご自身で手軽にできる温活のほか、サウナや酵素浴を利用して体を温めることを意識していきましょう。

中でも酵素浴は、体の芯から温めることで気持ち良く大量の汗をかき、長時間体に熱を保つことができるので、おすすめです。また、酵素浴を定期的に利用することで、体温上昇の効果が高くなり、風邪などのウイルスに負けない体を目指すこともできます。

自由が丘にある「BranRoom(ブランルーム)」は、女性専用の予約制の酵素浴サロンです。純国産の米ぬか酵素風呂をご用意しており、体を芯から温めることができます。

酵素風呂だけではなく、酵素浴後に利用するヒーリングルーム、シャワールーム、パウダールームも完備しており、店内の設備・備品についてはアルコール消毒を徹底しております。初めての方向けに、90分の酵素浴体験プランも実施しているため、免疫力を向上したい女性の方や、酵素浴に興味がある方は、ぜひ一度BranRoom(ブランルーム)の酵素浴をお試しください。


▼米ぬか酵素浴サロン「ブランルーム」詳細はこちら

https://www.branroom.jp/

最新記事

すべて表示
bottom of page